QRコードでパソコンからスマホにテキストをコピーするの便利

※会社パソコンのセキュリティ対策が過剰すぎて困っている人向けの記事です。

URLやアプリを開くのに使われるQRコードですが、内に閉じられたパソコンからテキストを抜き出すときにも使えます。

こんな感じで通信せずにテキストコピーする方法をご紹介します。

  1. 指定のテキストをQRコードにする(オススメソフトあり)
  2. スマホでQRコードを読む(iOSショートカットを使うと便利)
  3. 読み込んだテキストを好きな場所に送る

会社パソコンからは外部へのファイルの送信・コピーをしていないところがポイント。

どんなシーンで役に立つのか

パソコンからテキストをコピーするなんてカンタンじゃん。
メールで送れば!LINEで送れば!メモ帳に保存してUSBにコピーすれば!

その通りなんですが、会社のパソコンでは外部へのデータ持ち出しができないことがあります。ボクの会社がそうなんですが。社外へのメールもダメ、クラウドストレージの使用もダメ、USBの読込みはできても書込みはダメ…と八方ふさがり。

とにかくファイルの送信・コピーができない。

最近は自宅でリモートワークですが、会社メール宛にZoomやらTeamsやらのウェブ会議のインビテーションが送られてきます。開くとパラメータの長いURLや複雑なパスワードが掲載されていますね。そのまま開ければラクですが、当然当社のパソコンでそんな外部サービスにアクセスはできないわけです。

仕方なく自宅のパソコンやスマホで繋ぎますが、URLやパスワードがコピーできないため一苦労です。

そんなときにQRコードが使えます。

便利なやり方

こんな感じで、QRコードを読んだら共有メニューが出てきて、テキストをコピーするもどこかに送るも自由!という状態になります。

Untitled

1. QRコードの作成

会社パソコンではソフトのインストールができないため、ポータブルツールを使います。 おすすめはこちら。テキストを貼りつけるだけで、リアルタイムにQRコードが生成されるので操作がラクです。

freesoft-100.com

2. QRコードの読み込み

スマホアプリやiOSの標準カメラはURLを開くように作られていますので、iOSショートカットを使って、QRコードを読んで、テキストを扱えるリーダーを作ります。

ショートカットはシンプルです。
共有しておいたので、よければ上のリンクから追加してください。

QRコードテキスト共有(iOSショートカット)
QRコードテキスト共有(iOSショートカット)

3. テキストを送る

ショートカットで共有メニューが表示されるので、取得したテキストをどう扱うか決めます。

テキストの共有
テキストの共有

クリップボードにコピーするもよし、pushbullet・SMS・LINEでどこかに送るもよし、メモ帳に保存するもよし。あとは自由です。ボクはパソコンでウェブ会議を開くことが多いので、pushbulletでパソコンに送ることが多いかな。

以上、ちょっとしたTipsのご紹介でした。

1日ごとに差が開く 天才たちのライフハック

1日ごとに差が開く 天才たちのライフハック

  • 作者:許 成準
  • 発売日: 2019/04/25
  • メディア: Kindle版