舘山寺・花乃井の和食

還暦を迎えた父のお祝いに、地元の温泉旅館・花乃井での1日をプレゼントした。 弟と相談して「せっかくなので美味いものを食べよう」と料理の評判を重視して選んだ旅館がここ花乃井だ。

この旅館のたったの一泊二食で、すっかり和食信者になってしまった。

薄味かつ少量でこんなにも満足できるのは世界中で和食だけじゃなかろうか。 全身で味わおう・全身に染み渡らせようと、下手くそなりにも神経を研ぎすませるように食べてきた。

「高い料理は美味い」ということをまざまざと見せつけられた。 こういうの日頃から食べられる人って幸せだよね。 頑張ったら自分でも作れないだろうか、作れる嫁が見つからないだろうか、と無謀な妄想してしまいそうになる。

せっかくなので、夕食だけでも載せておきましょう。

献立

RIMG0026

八寸

RIMG0031

お椀

RIMG0032

お造り

RIMG0033

揚げもの

RIMG0036

蓋物

RIMG0037

台のもの:うなぎの白焼き

RIMG0038

味噌汁

RIMG0041

甘味:ほうじ茶のクレームブリュレ

RIMG0043

お祝いケーキ

RIMG0048