体調不良の勤怠メールをiPhoneからたったの2秒で送信する方法

こんにちは、iNee(@inee1983)です。

体調が悪くて突発で会社をお休みすることってありますよね。
電話でお休みを伝えても、あとは部内にメールが飛ぶだけなので、ボクは最初から自分で関係者全員宛てにメールしてお休みするようにしています。

でも体調が悪いときに、メール作成するのってしんどいんです。先日、タイトルの日付を間違えてガックリきたので、ミスなく楽にメール送信する方法を考えてみました。

今日は会社の人が見ないことを祈りつつ、iPhoneアプリを使って勤怠メールを超速で送信する方法をご紹介します。

[toc]

使用するアプリ

使用するアプリはふたつ。両方ともiPhoneの神アプリとして超有名です。
用途と可能性が無限なので、買っておいて損はありません。

Launch Center Pro

いわずと知れたiPhoneランチャーアプリの決定版。

Launch Center Pro 1.1(¥350)

販売元: Contrast - Contrast Apps LLC(サイズ: 18.8 MB)

Text Expander

こちらはちょっとギーク気味。柔軟な定形文の作成ができます。

TextExpander 2.0.1(¥450)

販売元: SmileOnMyMac, LLC - SmileOnMyMac, LLC(サイズ: 3.6 MB)

Text Expanderについては、こちらのブログにものすごくまとまっています。

TextExpanderの使い方[1] 〜基本的な使い方〜 « 最近,気になったこと…  簡単に言うと入力省力化ツールです。
スニペットと呼ばれる省略文字を入力することで、登録されているテンプレート的な文字列に変換してくれるもの。顔文字とかを辞書登録して入力するのと同じようなイメージです。

ではさっそく超速勤怠メール送信の準備方法をご紹介していきましょう。

Text Expanderのスペニット追加

まずはText Expanderにメールの送信日(今日日付)と勤怠メール本文の定形文を挿入するスペニットを作成しておきます。(あとで使います)

Text Expanderでの準備は以上。次にLaunch Center Proの設定です。

Launch Center Proにメール送信Actionを追加

▼Action Composerを開いて、メールアプリのメニューを開きます。

Email with Body & Subjectでメールをフルセット設定します。

NameLaunch Center Proで表示されるActionの名前です。適当でOK。
Recipients宛先です。
画面中央のContactボタンを押すとアドレス帳から選択できるので、メールを送りたい人を全員指定しましょう。
Subject【勤怠連絡】<?きょう> 稲垣 全休
・<?きょう>という部分がText Expanderで補完されて、今日日付が自動的に入ります。
・画面中央のteボタンがText Expander。
Body<?きんたい>
・固定文言ですが、直接改行を入力する方法がわからなかったので、Text Expanderで。

▼呼び出してみましょう。

設定完了したら、Launch Cetnter Proから何度でも呼び出せます。
アイコンタップだけで、全部できあがった状態でメールアプリが起動します。「送信」ボタンを押しておしまい。

念のためタイトルと本文を確認したとしても2秒でしょう。

さいごに

どうでしたか。いろんなシーンに応用できると思いませんか?

すごく後向きな時短術に見えますが、それはボクが業務連絡メールを頻繁に送信する人じゃないからです(・∀・)

Launch Center Proについては、便利な使い方をいろいろ考えているので、別のエントリーでも紹介していきたいと思っています。乞うご期待!

Launch Center Pro 1.1(¥350)

販売元: Contrast - Contrast Apps LLC(サイズ: 18.8 MB)
TextExpander 2.0.1(¥450)

販売元: SmileOnMyMac, LLC - SmileOnMyMac, LLC(サイズ: 3.6 MB)