ガラクタ整理の心得

部屋のガラクタ整理の心得について。

5年くらい前のGWに、アメリカNo1の最強整理術の本を読んで、思い切ったガラクタ整理を決行。ひとり暮らしをはじめた大学時代から所有していた、ありとあらゆるガラクタを狂ったように捨てまくった。

ガラクタとは

  • しまってあるだけで使っていないもの
  • 買ったのに気に入っていないもの
  • 用途がかぶっているもの(のうちの片方)
  • 収まりが悪いもの
  • ダサいもの
  • 機能しない本当のゴミ

こういうものをズバズバ捨てた。 買ったとき・使っていたときの思い出が、捨てることを躊躇させるけれど、「未来永劫持ち続けるか?」と問われたことを想定すると、ほとんどのガラクタは処分できる。

今後使う見込みのないガラクタをクローゼットにしまっておいて、引越するとき・結婚するときに取り出して捨てるのであれば、今捨てるのと何がちがうの。

部屋を綺麗に保つ秘訣

部屋をきれいに保つ秘訣は今も昔も変わらない。 「出したらしまう」、これだけ。そして、これを続けるときの難易度は、環境に依存する。

パツンパツンの本棚に無理矢理本を押し込むのと、スカスカの本棚にそっと据えるのでは、労力が違う。「本棚に本をしまう」をずっと続けていくカギは、本棚のゆとりにある。

ここで大事なことは、スカスカの本棚には「本がない」と考えるのではなく、「スペースがある」と考えること。くわえて、「まだ置く場所がある」とは考えないこと。

これを「矛盾してる!」と言った人がいたけれど、ぜんぜん矛盾してないし。 この考え方ができないと、部屋は汚くなるか、狭くなる。

「本棚は空きスペースで埋まっている」という考え方ができれば、部屋は汚くならないし、広くなる。

しかし、すでに部屋がガラクタで埋まっていたボクは、スペースをチャージするところから始める必要があった。物理的にスペースがないことには、綺麗な部屋を保つ以前に綺麗な部屋になりえない。

ゴミ屋敷の住人

5年前までのボク同様、この考え方が出来ない人は、よく劇的ビフォーアフターに登場するので見ていてほしいw そういう人たちは「収納スペースがないのでまともに生活出来ない」などとヌかす。

建物の老朽や構造の悪さを直してもらうのは仕方がないが、足の踏み場のない部屋で「生活しにくい」って言い出して匠にすがっちゃうのは、そんなの完全にマッチポンプッ!建物じゃなくておまえが悪い。

(たぶん仕方なく)匠の手によって壁一面が収納スペースとか、階段がすべて引き出しとか、常軌を逸した構造の家ができあがり、元ゴミ屋敷の奥様は、「ええわー、ええわー」と涙を流す。

シンプルこそ正義

でも冷静に考えて。それ、使いやすい? 階段が全部引き出し・壁が全部収納て…。

個人的には「出しにくいし、しまいにくい」と思う。そういうための場所じゃないから。そういう場所に収納されるものがガラクタであることは、想像に難くない。

しかも。余計な機能のついたものって、大概ダサい。ライト付きボールペン、とか? 役目も見た目もハッキリしていて、シンプルなものほどカッコイイ。100円のライト付きボールペンより、60円の鉛筆の方が高級感がある。

階段として、壁として、それってどうなの? ガラクタのために無理矢理作った収納スペースがちゃんとガラクタで埋まったとき、元ゴミ屋敷の奥様はキッチリ現役復帰を果たすよ。きっと。意味なし!

今の自分に相応しいものかどうか

部屋を綺麗にしたいとき、収納できるかどうかを悩む前に、自分の持ち物として価値があるかどうかを見極めることが大切だ。過去に買ったもの、集めたものが、いま現役で価値のあるものとは限らない。自分の年齢も違うし、時代も違う。

少し前の自分は、「これを捨てると思い出がー!」っとイチイチ騒いでいたけれど、今だったら「そんなに過去の記憶が大事なら、24時間録画しとけよバカが。」と冷たく斬り捨てる。手作りのものに関しては、そこまで言わない。問題はビデオテープ、CD、マンガ、本、洋服、靴…ようは既製品。使ってないものは全部ゴミ。捨てたあと困っても、どうにかなるさ。

いま、価値があるか?まずは冷静にそれだけを考えよう。

部屋を綺麗に保つ秘訣は「出したらしまう」だけど、 まず部屋を綺麗にする秘訣は「出さないものは要らない」です。

アメリカ・ナンバーワンNo.1 最強整理術 ~アメリカ1の「そうじの達人」が教える ガラクタを捨て、幸運を呼び込む方法~

アメリカ・ナンバーワンNo.1 最強整理術 ~アメリカ1の「そうじの達人」が教える ガラクタを捨て、幸運を呼び込む方法~

  • 作者: ドン・アスレット,嘉山由美子
  • 出版社/メーカー: トランスワールドジャパン
  • 発売日: 2008/12/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 2人 クリック: 19回
  • この商品を含むブログ (2件) を見る